Kai Kristiansen

カイ・クリスチャンセン

Kai Kristiansenカイ・クリスチャンセン

現代のデンマーク家具デザインの父と呼ばれるカイ・クリスチャンセンは1929年に生まれました。

1947年に家具製造の見習いを終え、1948年から1951年までコペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミーにてコーア・クリントに師事します。
クリントのデザイン哲学は古典的・伝統的な家具の形と技術からインスピレーションを得ていましたが、デザインに対してより進歩的な、人間工学からのアプローチも重視していました。

クリスチャンセンは入学前に培った優れた職人技と、クリントの薫陶による革新的で人間中心のデザインを貪欲に取り入れ、卒業後も様々なデザイナーの元で経験を積みます。

1955年、わずか26歳でクリスチャンセンは自分のデザインショップを開設し、デンマークのモダンスタイルとして知られるようになる「美しいラインと形状、機能の完璧なバランスによって構成される」家具を作り始めました。このころ、IKEAの為に、「トロイカ」というシャープなアームチェアをデザインしています。

1956年に彼のキャリアで最も重要な作品の一つであるダイニングアームチェア「#42」(フレームの形状から「Zチェア」とも呼ばれます)を設計しました。斬新なデザインと印象的なライン。一流の職人技が光るこの作品は、どの方向から見ても本当に美しいことがわかります。

可動する背もたれなど 快適で魅力的なこの椅子は、リビングルーム、ダイニングルームいずれのシーンでも要望に応えうる十分な汎用性を備えてます。

クリスチャンセンの他のダイニングチェアには、Schou Andersen用に設計された豪華なモデル31(NV31)のように洗練されたデザインのものが多く見られます。

クリスチャンセンの特徴がよく見られる家具の一つにチェストが挙げられます。取っ手部分がノッカーのような形をしており、細い脚部との絶妙なバランスで構成されています。

上記以外にもデスク丸型の引き出しを備えたデスク、ラウンドテーブル、サイドボード、ウオールユニットなど多くの作品を創出しています。

クリスチャンセンは、自身が多作のデザイナーであるだけでなく、同時代の人々の作品を支援することにも力を入れました。 彼は1956年から1965年まで地域家具の見本市を開催し、1966年から1970年までのスカンジナビア家具見本市の共催者としてデザイナーの交流に尽力しました。

クリスチャンセンのデザインは美しさと実用性を備え、今日でも非常に人気があります。特にチーク材やローズウッドで出来た作品はヴィンテージでのみ触れることができる貴重なアイテムです。