Johannes Andersen

ヨハネス・アンダーセン

Johannes Andersenヨハネス・アンダーセン

ヨハネス・アンダーセンは1903年にデンマークのオーフスで生まれ、キャビネットメーカーとしてキャリアをスタートさせました。 彼は1930年代に、建築と家具に関する自分のオフィスを開きました。

彼の作品は丁寧に作り込まれたローズウッドやチーク材などが多く使われました。 彼のキャリアは1950年代に始まるデンマーク家具のデザインに対する評価とともに高まり、特に彫刻のような美しさを湛えるコーヒーテーブルやネストテーブルは国際的な評価を得ています。