Arne Jacobsen

アルネ・ヤコブセン

Arne Jacobsenアルネ・ヤコブセン

1902年、デンマーク生まれ。1927年デンマーク王立芸術学校卒。20世紀モダニズムを代表する建築家、ル・コルビジェ、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエらの影響を受ける。

1950年にデンマークの家具メーカー「Fritz Hansen」と仕事を始め、1952年に「The Ant」を発表。その後代表作となる「Seven Chair」によってヤコブセンの名が世界に知れ渡る。

その後もコペンハーゲンのSASロイヤルホテルのためにデザインした 「The Egg」「The Swan」など今日まで継承される作品を世に送り出した。

建築全体の設計にとどまらず、蛇口の一つに至るまで自身でデザインを行うほどの徹底ぶりはヤコブセンならでは。努力と実力を兼ね備えた稀代のデザイナーです。