FH3107 seven chair

Designer
arne jacobsen
Number
M-051
Size
W:490 D:490 H:740(SH430)
Material
teak/steel
color/etc
teak
Stock
売り切れ
Amount
Price
¥0 円(税込)
  • SOLD OUT
  • お問い合わせ
  • 【seven chair】
    アルネ・ヤコブセンによる大ベストセラー・セブンチェア。背板と座面を一体成形で作り上げた世界初のデザインチェアである「アントチェア」の3年後に開発され、数多くのバリエーションが今日に至るまで引き継がれています。チークプライウッドのセブンチェアはビンテージでしか手に入らない逸品で脚部カバーは初期モデルの金属製。そこから伸びる4本の足はビンテージの雰囲気を壊さぬレベルまで磨き上げ、足先は新品パーツに交換してご提供させていただきます。
  • 【アルネ・ヤコブセン】
  • 1902年、デンマーク生まれ。1927年デンマーク王立芸術学校卒。20世紀モダニズムを代表する建築家、ル・コルビジェ、ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエらの影響を受ける。 1950年にデンマークの家具メーカー「Fritz Hansen」と仕事を始め、1952年に「The Ant」を発表。その後代表作となる「Seven Chair」によってヤコブセンの名が世界に知れ渡る。 その後もコペンハーゲンのSASロイヤルホテルのためにデザインした 「The Egg」「The Swan」など今日まで継承される作品を世に送り出した。 建築全体の設計にとどまらず、蛇口の一つに至るまで自身でデザインを行うほどの徹底ぶりはヤコブセンならでは。努力と実力を兼ね備えた稀代のデザイナーです。

  • ヤコブセンの作品一覧はこちら