AT304 dining table

Designer
hans j wegner
Number
LH-006
Size
W:1320 (-2380) D:860 H:720
Material
teak
color/etc
teak
Stock
売り切れ
Amount
Price
¥0 円(税込)
  • SOLD OUT
  • お問い合わせ
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
  • 【AT304 dining table】
    ウェグナーの貴重なバタフライテーブル・AT304です。チーク材で作られており、スタイリッシュなデザインですが重厚感も兼ね備えています。両サイドのハネ天井を上げると最大238cmの大きなテーブルになります。両側を閉じた状態で片側2名掛け、片方を上げて片側3名掛け、両側を上げると片側4名までご使用いただけます。(写真はウェグナーのCh-23を例として使用しています)。サンディング後塗装を施し、今後長くお使いいただけるようご準備させていただきました。テーブルの展開構造ですが、真鍮製の輪っか部分がスライドして必要な場所で固定される仕掛けは「さすが!」の一言です。

  • 【ホームページ用データ】 【ハンス・J・ウェグナー】
    1914年デンマーク生まれ。 1931年に家具職人マイスターライセンスを取得。1936年まで国立産業研究所に通い木材について専門的に研究を重ねる。 1940年より椅子のデザインを始め、生涯で500種類以上の椅子をデザインしたと言われている。 ウェグナーの作品としてよく知られているのはケネディ大統領が使用したことで一躍世界に知れ渡った「The Chair」。 盟友ボーエ・モーエンセンが庶民のためというコンセプトの元自身の世界観を作り上げていく中で、進むべき方向が見えていなかったウェグナーに降りてきた天啓・「Chinese Chair」を皮切りに一気にその才能を開花させた。「Y Chair」は現在でも生産が続けられているベストセラー。 わずか15分で作り上げることが出来たと言われる1/5模型を元に肘掛がそのまま後足になる「CH25」や現代ソファーの原型とも言えるゲタマ社製「GE290」などを世に送り出し、「Bear Chair」は世界最高峰の座り心地とも言われる。



  •  
  • ウェグナーの作品一覧はこちら


  •