dining chair

Designer
johannes andersen
Number
KO-011
Size
W:470 D:550 H:760 (SH450)
Material
leather/oak
Color/etc
ivory
Stock
売り切れ
Amount
Price
¥0 円(税込)
  • SOLD OUT
  • お問い合わせ
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
  • 【dining chair】
    ヨハネス・アンダーセンにより1965年にデザインされたダイニングチェアです。目に見えるパーツはほぼ全て曲線で構成されており、抜きなどのパーツもエッジを丸くすることで全体の印象が柔らかくなっております。 座面は時間とともにアメ色に変化していくヌメ革に張替え内部ウレタンも新品に交換。フルサンディングとオイルフィニッシュで仕上げた美しい木目がデザインの曲線をより引き立てます。 座った感じは座面・背板とも絶妙な配置により心地よく、細いラインがしっかりしつつも繊細な印象を与えてくれます。

  • 【ヨハネス・アンダーセン】
    ヨハネス・アンダーセンは1903年にデンマークのオーフスで生まれ、キャビネットメーカーとしてキャリアをスタートさせました。 彼は1930年代に、建築と家具に関する自分のオフィスを開きました。 彼の作品は丁寧に作り込まれたローズウッドやチーク材などが多く使われました。 彼のキャリアは1950年代2始まるデンマーク家具のデザインに対する評価とともに高まり、特に彫刻のような美しさを湛えるコーヒーテーブルやネストテーブルは国際的な評価を得ています。

  • アンダーセンの作品一覧はこちら