GE290 3 seaters sofa

Designer
hans j wegner
Number
KO-001
Size
W:1800 D:800 H:730 (SH420)
Material
fabric/oak
Color/etc
gray
Stock
売り切れ
Amount
Price
¥0 円(税込)
  • SOLD OUT
  • お問い合わせ
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
small chest
  • 【GE290 3 seaters sofa】
    1953年の発売から現在に至るまで途切れずに生産が続いている「現代ソファーの祖」とも言うべきウェグナーのGE290。ゆったりとした3シーターの生地はkvadrat社の#173に交換、内部ウレタンも全て新品にすることでこれから長く、快適にご使用いただける状態です。座面の角度は浅すぎず深すぎず、しかし奥に引き込まれるような座り心地。そしてウェグナーの真骨頂とも言える幅広のアームは本能が「ここ!」と訴えかける場所にその通り伸びているため全身が快適さで包み込まれます。アーム部分にはカップやグラスを置くことでゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

  • 【ハンス・J・ウェグナー】
    1914年デンマーク生まれ。 1931年に家具職人マイスターライセンスを取得。1936年まで国立産業研究所に通い木材について専門的に研究を重ねる。 1940年より椅子のデザインを始め、生涯で500種類以上の椅子をデザインしたと言われている。 ウェグナーの作品としてよく知られているのはケネディ大統領が使用したことで一躍世界に知れ渡った「The Chair」。 盟友ボーエ・モーエンセンが庶民のためというコンセプトの元自身の世界観を作り上げていく中で、進むべき方向が見えていなかったウェグナーに降りてきた天啓・「Chinese Chair」を皮切りに一気にその才能を開花させた。「Y Chair」は現在でも生産が続けられているベストセラー。 わずか15分で作り上げることが出来たと言われる1/5模型を元に肘掛がそのまま後足になる「CH25」や現代ソファーの原型とも言えるゲタマ社製「GE290」などを世に送り出し、「Bear Chair」は世界最高峰の座り心地とも言われる。



  •  
  • ウェグナーの作品一覧はこちら


  •