CLOVERSKYが提供する北欧ヴィンテージ家具に対して、どのようなこだわりを持って取り組んでいるのか。その一端をご紹介いたします。


  • 【その1サンディング前の一手間】
        
  • こちらが北欧から届いた状態のヴィンテージチェアフレーム。こちらをサンディングするのですが、それに先駆けてひとつの工程を行います。
  • furniture

  • やかんに入った熱湯を注ぎ、たわしでゴシゴシこすります

    furniture

    furniture

    furniture


    この行程により塗装と汚れを浮かせ、より良い状態でサンディングの作業に移ることができます。この一手間、結構仕上がりに影響するんです。全体を洗浄後乾燥させ、番手を変えながらサンディングを行います。

    furniture

    無事サンディング完了。途中写真はないですが、きちんと分解して丁寧に表面をサンディングし、再びきっちりと組み上げています。一皮むいて新品同様になったフレームにオイルで仕上げ、CLOVERSKYのヴィンテテージ家具が完成します。

    furniture


    【その2 安全なオイルへのこだわり】

    しっかりとサンディングを行ってリフレッシュした木製フレーム。長く生活の中に携わるお品ですから、快適なことはもちろんより安全にお使いいただきたい。CLOVERSKYではその思いから使用するオイルにもこだわりました。

    furniture

    それでは、CLOVERSKYで使用している「LIVOS」について製造企業のメッセージを見てみましょう。

    "すべての成分は、バイオケミカル・トクシコロジー・ミクロバイオロジー科学に基づき最高度の「健康」「環境」両面の適正性に照らして選択。天然植物油・天然蜂蜜ワックスをベースに製造。こだわりは原料だけではありません。食品基準を遵守した植物油の抽出など、製品ライフサイクルの全段階(製造・施工・廃棄など)でエコロジー適合性に合致しています。さらに、塗りやすさ、乾きやすさなど使いやすさの点でも世界中の塗装業者、家具製造業者の皆様から講評を頂いています。" (引用元:LIVOS公式ホームページ)


    furniture

    簡単に言うと「赤ちゃんがなめても大丈夫なオイル」を使用しています。小さなことかもしれませんが、どうしてもこだわりたかったところです。